2020.11vol.688

月刊生産財マーケティング

2020年11月号

定価: 1,210円 発売中!!

  • 雑誌の購入
  • 電子版を購入

電子版購入ガイド

電子版サイトへ

生産財マーケティングとは

最新書籍

  • はじめての工作機械 副読本/改訂20版

    初心者でもわかる
    用語集や最新技術AMを初収録!

    発刊日:2018年7月9日好評販売中‼

  • 生産財年鑑2016-2017

    求めるデータがこの1冊に
    グラフで見るFA業界

    発刊日:2016年7月8日好評販売中‼

  • 月刊 生産財マーケティング [別冊]

    第28回日本国際工作機械見本市 ガイドブック

    “あなた”の知りたい情報が
    詰まった頼れるガイドブック!!

    発刊日:2016年11月7日好評販売中‼

  • amazon

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、FA業界ではこれまでのような対面での販売促進(販促)や営業活動が困難になった。代替手段として、ウェブに活路を見いだした企業は多い。政府の緊急事態宣言から半年以上がたち、利点や欠点が分かり始めた。少なくとも今回のコロナ禍が続く間は、ウェブを介した販促が必須になる。そこでウェブ上で11月16日に開幕する「JIMTOF2020 Online(オンライン)」に合わせて、各社の取り組みを振り返り、現状のFA業界に合ったウェブ活用の形を探る。FA企業は、オンラインで、こう売る。

TOPICS

山善が米国現法の新本社、北米市場に攻勢

山善は、米国現地法人の新本社(=写真)をイリノイ州シカゴに建設し、10月1日に稼働した。投資額は非公表…

ファナックを世界企業へ

ファナックの事実上の創業者で、現名誉会長の稲葉清右衛門氏が10月2日、老衰のため死去した。95歳だった。後日お別れの会を開く。 …

切削工具専門のECサイト「さくさく」開設

切削工具のインターネット販売と情報提供サービスを手掛けるさくさく(大阪市中央区、澤口典宏社長)は10月…

CONTENTS

2020年11月号

SPECIAL FEATURE

オンラインでどう売るコロナ禍で見えた新しい形

  1. 販促の「新常態」
  2. 先駆者に聞く
    【インタビュー】DMG森精機 森雅彦社長
    牧野フライス製作所 高山幸久執行役員
  3. 接点をどう得るか
    大規模ウェブ展示会/ウェブイベントとサイトの充実/今注目のウェブ施策
  4. ウェブ営業の利点と難しさ
  5. BtoBの先行事例から学ぶ
  6. 「ザ・モデル」でFAは売れるか?
  7. 開幕直前!JIMTOFオンライン

スペシャルインタビュー

ヤマザキマザック 山崎高嗣 社長

Crossroads

令和版デジタル・マイスター・プロジェクトを!

エディターノート

都会の夜の雲

Cutting Edge

カリスマ創業者、稲葉清右衛門氏死去

Person

新社長 NKワークス 三羽和紀さん

マーケティング

機械工業の2020年上半期(1月~6月)需給実績

キヤノン 工場やAGVに「目」を付ける

ファナックなど3社がクラウドサービスで新会社

K-1グランプリが3日に開催

ブラザー ショールームの「総本山」稼働

工業系ユーチューバー「なんとか重工」とは?

新製品や最新提案をウェブで

追悼

ファナック 創業者 稲葉清右衛門氏

海外

【インド市場分析】有望市場として大きな期待

連載

紙のロボダイ

[活躍するロボジョvol.1]後工程をいかに楽にするか

トライエンジニアリング 常松綾乃さん

紙のSEISANZAI Japan

DMG森精機のセーリングチームが世界1周ヨットレースに出場

人に知恵 現場に技(第165回)/加藤製作所

「深絞り」武器にコロナに挑む

今に花咲き実を結ぶ Robotics後編

埼玉大学大学院 理工学研究科

准教授 琴坂信哉 氏

今月の一品 自慢の製品を紹介(第44回)

ティー・エー・ティー/PCTモジュール5.1

随想

高懐~気高い思想(第8回)

スギノマシン 会長 杉野太加良

全空圧制御式ロボ「サブマン」開発

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インデックス

告知板

Monthly Data Box

新製品プレビュー

統計マンスリー

FA短信

海外短信

NEWS FILE

・シチズンM 加工実習もオンラインで

・切削工具専門のECサイト「さくさく」開設

・紀和マシナリー 地元の小学校に書籍寄贈

・インターモールド ウェブで開催

・山善 米国現法の新本社、北米市場に攻勢

・AM技術を中心とした複合展開催

・三菱電機 昇降機の国内生産50万台

・橋本久義理事長がウェブで講演

 

TOPICS

山善が米国現法の新本社、北米市場に攻勢

山善は、米国現地法人の新本社(=写真)をイリノイ州シカゴに建設し、10月1日に稼働した。投資額は非公表。鉄骨造りの2階建てで、延べ床面積は約1万2700㎡。

新本社には1200㎡のショールームを設けた。工作機械や射出成形機など20台以上を常設展示し、デモも実施する。延べ床面積5400㎡の物流倉庫も併設した。最新の倉庫管理システムを導入して物流を効率化し、北米地域の物流の中心拠点として機能させる考え。新本社の建設を機に、工作機械や切削工具、精密測定機器などの販売とアフターサービスを拡大し、北米市場に攻勢をかける。
また、自動化提案とエンジニアリング機能もさらに強化する。独自のロボットセルシステムの開発や販売を推進するだけでなく、生産ラインをすぐに使える状態で納品する「ターンキー」の提案にも力を入れる。
新本社は日系企業が集積する地域に立地し、同州のオヘア国際空港から北北西に約20kmの距離に位置する。

ファナックを世界企業へ

カリスマ創業者、稲葉清右衛門氏死去

ファナックの事実上の創業者で、現名誉会長の稲葉清右衛門氏が10月2日、老衰のため死去した。95歳だった。後日お別れの会を開く。
NC装置や産業用ロボットで業績を伸ばし、一代で同社を世界企業へと導いたカリスマ経営者だった。トップダウンでファナックの高収益体質を築き、製造業の自動化を促した。
1946年に現在の東京大学工学部を卒業して富士通信機製造(現・富士通)に入社。日本企業で初めて、工作機械のNC装置開発を主導。72年に富士通ファナック(当時)として分離独立時に専務として移り、75年に社長に就任した。95年に社長を退き、2000年には取締役からも退任した。81年に紫綬褒章、90年には藍綬褒章を受章。84年に制定したニュースダイジェスト社第1回NDマーケティング大賞を受賞した。
台湾や韓国製の工作機械にもファナックのNCが採用され、シェアを広げた。台湾の台北国際工作機械見本市(TIMTOS)では視察した小間で、NC画面にサインを求められ、快く応じる姿も見られた。(関連ページA-78、79)

切削工具専門のECサイト「さくさく」開設

切削工具のインターネット販売と情報提供サービスを手掛けるさくさく(大阪市中央区、澤口典宏社長)は10月1日、切削工具に特化した電子商取引(EC)サイト「さくさく」を開設した(=写真)。汎用の切削工具をウェブ上で低価格で販売し、利便性やコストメリットを提供する。
さくさくの最大の特徴は、切削工具だけを取り扱う専門サイトであること。旋削加工用のインサートをはじめ、ドリルやエンドミルなど約1200種類を開設時点でそろえ、今年中に約2000種類までアイテム数を拡充する。30万個の在庫数を確保しており、午後6時までの注文なら当日のうちに出荷する。また、サイト内には製品の使用例を動画で紹介したり、切削工具の使い方や選び方を学べる豆知識のページを設けたりして、加工現場の困り事を解決するコンテンツも用意した。
同社は27年3月期までに10億円の売り上げを目指す。将来は米国や中国、東南アジアなど海外顧客への販売も視野に、サイトの運営に取り組む構えだ。

山善が米国現法の新本社、北米市場に攻勢

山善は、米国現地法人の新本社(=写真)をイリノイ州シカゴに建設し、10月1日に稼働した。投資額は非公表…

ファナックを世界企業へ

ファナックの事実上の創業者で、現名誉会長の稲葉清右衛門氏が10月2日、老衰のため死去した。95歳だった。後日お別れの会を開く。 …

切削工具専門のECサイト「さくさく」開設

切削工具のインターネット販売と情報提供サービスを手掛けるさくさく(大阪市中央区、澤口典宏社長)は10月…

pagetop