2020.10vol.687

月刊生産財マーケティング

2020年10月号

定価: 1,210円 発売中!!

  • 試し読み
  • 試し読み
  • 雑誌の購入

生産財マーケティングとは

最新書籍

  • はじめての工作機械 副読本/改訂21版

    初心者でもわかる
    用語集や最新技術AMを初収録!

    発刊日:2020年3月23日好評販売中‼

  • 次のクルマの作り方

    次世代のクルマ作りと部品作りに特化した専門書

    発刊日:2019年3月15日(金)好評販売中‼

  • 月刊 生産財マーケティング [別冊]

    第29回日本国際工作機械見本市 ガイドブック

    “あなた”の知りたい情報が
    詰まった頼れるガイドブック!!

    発刊日:2018年10月19日好評販売中‼

  • amazon

一寸先は闇――。まさに現代社会を象徴することわざで、不確実性が極めて高い時代となった。米国と中国の貿易摩擦問題などの従来の懸念材料に、新型コロナウイルス禍も加わり、ますます先行きが見通せなくなった。こうした環境下で、需要変動の影響を特に受けやすいFA業界ではどんな生産戦略を採るべきか? その鍵を握るのは、刻一刻と変化する顧客の需要に柔軟に対応できる次世代工場「スマートファクトリー」ではないか。本特集ではFA各社のスマートファクトリーの事例を紹介し、不確実性が高い「VUCA(ブーカ)の時代」、そしてウィズコロナの時代に求められる生産戦略のあり方を探る。

TOPICS

中国の自動車販売が復調

中国自動車工業協会(CAAM)が発表した8月の新車販売台数は、前年同月比11.6%増の218万6000台だった。5カ月連続の増加…

NKワークス、米5thAXISの新ツールを紹介

産業用機械の専門商社のNKワークス(東京都千代田区、三羽和紀社長)は、米国の…

スター精密、ソリューションセンターを新設

スター精密は9月4日、静岡県菊川市の菊川工場内に「ソリューションセンター」を新設したと発表した。 総事…

CONTENTS

2020年10月号

SPECIAL FEATURE

コロナ時代の生産戦略変化対応の鍵はスマートさ

  1. コロナ時代の生産戦略
  2. 潜入!最先端のスマート工場
    オークマ「ドリームサイト」
  3. FA各社の生産戦略
    【インタビュー】ファナック 山口賢治社長兼CEO
    ソディック/FUJI
  4. 町工場でも進む自動化、デジタル化
    山田製作所/オシタニプレス
  5. スマート工場の最初の一歩
    マクニカ/チームクロスFA
  6. 不確実性の時代を生き抜け
    経済産業省
    矢野剛史 ものづくり政策審議室長

スペシャルインタビュー

オーエスジー 石川則男 社長

川崎重工業 高木登 執行役員ロボットディビジョン長

Crossroads

「読める」「書ける」じゃ全然足りない

エディターノート

SNSをどう使う?

Cutting Edge

中国の自動車販売が復調

トップに聞く

兼松KGK 木村広 社長

Person

新社長 宇都宮製作所 宇都宮崇寛さん

財務分析

2021年3月期第1四半期決算

マーケティング

100周年迎えたエンシュウ

ゼネテック ジャスダック上場、経団連に加入

ミスミがメヴィーで中小支援

データ・デザイン AM分野の提案加速

ユアサ商事 リアル×仮想の展示会を年末に

タンガロイ エコバッグやステッカー配布

感染症対策を徹底、手探りの展示会

ロボット

チームクロスFA ロボで次世代型ライン構築

海外

【韓国市場分析】5年でNC国産化を推進

特別企画

日本工作機械販売協会 創立50周年特集

連載

紙のロボダイ

日本ですべきことは、ただ一つ。たった一つ【前編】

KUKAジャパン 大田紘新社長インタビュー

紙のSEISANZAI Japan

化粧品大手のオルビスがAGV330台で自動出荷システムを構築

人に知恵 現場に技(第164回)/村上製作所

鋳物の切削の面倒さを克服

今に花咲き実を結ぶ Robotics前編

埼玉大学大学院 理工学研究科

准教授 琴坂信哉 氏

今月の一品 自慢の製品を紹介(第43回)

日暮里設計/洗浄クイル

随想

高懐~気高い思想(第7回)

スギノマシン 会長 杉野太加良

何度も見合い経て36歳で結婚

インデックス

告知板

Monthly Data Box

新製品プレビュー

統計マンスリー

FA短信

海外短信

NEWS FILE

スター精密 ソリューションセンターを新設

NKワークス 米5thAXISの新ツールを紹介

DMG森 通期純利益10~30億見通す

3社合同ウェブセミナーで工具研削の3要素解説

TOPICS

中国の自動車販売が復調

商用車は4割、新エネ車も大幅増

中国自動車工業協会(CAAM)が発表した8月の新車販売台数は、前年同月比11.6%増の218万6000台だった。5カ月連続の増加で、

 

2桁の伸びは4カ月連続。国内景気の回復を背景に、自動車市場の復調が鮮明になり、新たな設備投資への期待もかかる。
消費者の購買意欲の持ち直しに支えられ、乗用車が同6.0%の増加。インフラ投資の拡大を追い風に、トラックなどの商用車が同41.6%増と好調を維持。商用車は排ガス規制の強化を受けた買い替え需要も販売を押し上げた。
日系メーカーでは、トヨタ自動車が同27.2%増、ホンダが同19.7%増の一方、日産自動車は同2.4%減と低迷した。電気自動車などの新エネルギー車も2カ月連続で増加した。プラグインハイブリッド車、燃料電池車を含むNEVの8月の販売台数は前年比26%増の10万9000台だった。
米国の1.5倍、日本市場の5倍に及ぶ巨大市場が動き始めた。

 

NKワークス、米5thAXISの新ツールを紹介

産業用機械の専門商社のNKワークス(東京都千代田区、三羽和紀社長)は、米国のジグメーカーの5thAXIS(フィフスアクシス)が開発した3次元(D)図面作成ツール「3D COMPATIBILITY TOOL(コンパチビリティーツール)」(=写真)の操作方法を紹介する動画を、9月23日から開催している「インターモールドオンライン」で公開した。
同ツールは、フィフスアクシスが今年8月から本格的な運用を開始した。ユーザーは無料で利用できる。所有する加工機のメーカー名や機種名、加工対象のワークサイズや把握方法など、ユーザーのイメージに近い選択肢をチェックするだけで、フィフスアクシスの最適なジグと加工機のテーブルを組み合わせた3Dモデルがわずか数十秒で製作できる。3Dモデルは約70種類のフォーマットでダウンロードでき、自前のCAD/CAMソフトウエアに取り込めば、すぐにツールパスの作成ができ、作業効率を高められる。

スター精密、ソリューションセンターを新設

スター精密は9月4日、静岡県菊川市の菊川工場内に「ソリューションセンター」を新設したと発表した。

総事業費は約14億円。鉄骨3階建ての同センターは、1階がショールームとNCスクール(=写真)、2階が応接室や大会議室、3階が営業オフィスで構成されている。延べ床面積は約3600㎡。
1階のショールームには10台の自動盤を常設展示し、顧客からのテスト加工の依頼などに対応し、ビフォアサービスの強化を図る。また、これまで以上に厳しく温度管理した環境下で製品テストができる評価試験室3室に加え、最新の自動測定装置を備えた測定室も設けた。高品質な製品開発をさらに追求する。
同センターの設備を生かし、顧客の課題を解決する加工技術やアプリケーションソフトウエアの開発に注力し、顧客満足度のさらなる向上を目指す。オンライン環境も整備し、今後はプライベートショーや技術セミナーなどを現地だけではなくオンライン上でも開催し、情報発信をさらに強化する考えだ。

中国の自動車販売が復調

中国自動車工業協会(CAAM)が発表した8月の新車販売台数は、前年同月比11.6%増の218万6000台だった。5カ月連続の増加…

NKワークス、米5thAXISの新ツールを紹介

産業用機械の専門商社のNKワークス(東京都千代田区、三羽和紀社長)は、米国の…

スター精密、ソリューションセンターを新設

スター精密は9月4日、静岡県菊川市の菊川工場内に「ソリューションセンター」を新設したと発表した。 総事…

pagetop