2020.04vol.681

月刊生産財マーケティング

2020年4月号

定価: 1,210円 発売中!!

  • 試し読み
  • 試し読み
  • 雑誌の購入

生産財マーケティングとは

最新書籍

  • はじめての工作機械 副読本/改訂21版

    初心者でもわかる
    用語集や最新技術AMを初収録!

    発刊日:2020年3月23日好評販売中‼

  • 次のクルマの作り方

    次世代のクルマ作りと部品作りに特化した専門書

    発刊日:2019年3月15日(金)好評販売中‼

  • 月刊 生産財マーケティング [別冊]

    第29回日本国際工作機械見本市 ガイドブック

    “あなた”の知りたい情報が
    詰まった頼れるガイドブック!!

    発刊日:2018年10月19日好評販売中‼

  • amazon

第5世代移動通信規格(5G)の商用サービスがスタートした。高速大容量で低遅延、多数同時接続を実現する5Gはモノのインターネット(IoT)技術を大幅に進歩させ、社会に変革をもたらす可能性を秘める。インフラの構築や製品刷新のために多くの投資が計画されている。FA業界では、従来の通信インフラに代わるものとして、5Gの周波数の一部を使って特定のエリアに独自の通信網を構築するローカル5G への期待が高まる。FAメーカーをはじめ、FA業界にインフラを提供する通信事業者、導入を支援する自治体も5Gによるビジネス環境の変化に備え、市場調査や製品開発、技術研究に力を入れる。本特集では、5G時代に何がどう変わるのかを追求する。

TOPICS

新型コロナで世界経済に打撃

新型コロナウイルスの感染が世界に広がる中、FA業界では中国をはじめ世界市場への先行きに注目が集まる。米…

先端加工技術講演会、テーマはAIやIoT

先端加工機械技術振興協会(佐藤寿芳理事長)は2月28日、東京都千代田区の霞山会館で、毎年恒例の先端加工…

板金技能フェアに過去最多の応募

アマダスクール(神奈川県伊勢原市、末岡慎弘理事長)は3月12日、「第32回優秀板金製品技能フェア」の優…

CONTENTS

2020年4月号

SPECIAL FEATURE

5Gで何が変わる?次世代通信が導く市場と製品

  1. 5Gが実現する社会
  2. 総論「FA業界にターニングポイント到来」
  3. 5Gで変わる市場
    【インタビュー】
    碌々産業 海藤 満 社長
    京セラ  福島 勝 コミュニケーションシステム研究開発部長
  4. 5G環境のスマート工場
    九州工業大学大学院 工学研究院
    西田 健 准教授
  5. FAでどう使う
    THK/ABB
  6. 先行する取り組み
    NTTドコモ/東京都
  7. つながる社会のリスク
    第5世代モバイル推進フォーラム
    セキュリティ調査研究委員会
    手塚 悟 委員長

5Gで何が変わる? ~次世代通信が導く市場と製品

1 5Gが実現する社会

2 総論「FA業界にターニングポイント到来」

3 5Gで変わる市場

【インタビュー】

碌々産業 海藤 満 社長

京セラ  福島 勝 コミュニケーションシステム研究開発部長

4 5G環境のスマート工場

九州工業大学大学院 工学研究院

西田 健 准教授

5 FAでどう使う

THK/ABB

6 先行する取り組み

NTTドコモ/東京都

7 つながる社会のリスク

第5世代モバイル推進フォーラム

セキュリティ調査研究委員会

手塚 悟 委員長

Crossroads

働くことは尊いのか?

エディターノート

革命児か見掛け倒しか

 

Cutting Edge

新型コロナで世界経済に打撃

ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 特別企画

7月に新たな自動化・産ロボ展

FA34社の財務分析

米中摩擦で業績低迷 21社が減収減益

マーケティング

PCD工具研削盤の販売で業務提携

シュンク 基板分割機を日本で販売

CJV 社長交代を機に改革

海外

ダッソー PF戦略と自動化に注目

連載

人に知恵 現場に技(第158回)/梅原モデル

     樹脂の試作は一発勝負

今に花咲き実を結ぶ Robotics前編

    静岡大学 工学部 機械工学科 創造科学技術大学院 情報科学専攻
准教授 小林祐一氏

今月の一品 自慢の製品を紹介(第37回)

   中西金属工業/ROBO Rook

随想

高懐~気高い思想(第1回)

スギノマシン 会長 杉野太加良

入社してから夢物語

TOPICS

新型コロナで世界経済に打撃

経済再生相「リーマンかそれ以上」

新型コロナウイルスの感染が世界に広がる中、FA業界では中国をはじめ世界市場への先行きに注目が集まる。米国と中国の貿易摩擦などの通商問題に振り回されたFA業界が、新たな不測の事態に直面した。
日本工作機械工業会(日工会)の飯村幸生会長は2月の定例記者会見で「中国市場での営業機会の損失などで受注が細る可能性は否めない。(当初予想した)反転時期が最低3カ月は後ろにずれそう」との見通しを述べた。
工作機械メーカー各社は、営業や販売活動ができない事態に直面している。春節の連休明けにメーカー各社が中国で生産を再開しても、納品前の検収が滞り、納入が先送りされる事態も起きている。
日工会の2月の受注額が3月24日に発表されたが、新型コロナの影響は中国向けが中心で、3月以降は影響が全世界に広がる可能性もある。
西村康稔経済再生相は3月15日、民放のテレビ番組で、新型コロナの感染拡大が日本経済に与える影響について「リーマン・ショック並みかそれ以上かも」と述べ、影響に見合う経済対策を講じる考えを示した。2008年に講じた15兆円規模の国費投入に匹敵する対策となる可能性もある。

 

先端加工技術講演会、テーマはAIやIoT

先端加工機械技術振興協会(佐藤寿芳理事長)は2月28日、東京都千代田区の霞山会館で、毎年恒例の先端加工技術講演会を開いた(=写真)。世の関心も高い「人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)技術の最前線」がテーマだったが、新型コロナウイルスの影響で参加者は予定から半減し約20人にとどまった。
NECや長野県工業技術総合センター、野上技研(東京都目黒区、野上良太社長)、山本金属製作所(大阪市平野区、山本憲吾社長)、富士通テレコムネットワークス(栃木県小山市、森哲也社長)が、AIやIoTなどのデジタル技術を製造現場で使った事例を具体的に紹介した。計5本の講演とも参加者は熱心に聞き入り、活発な質疑応答も交わされた。
最後に同協会の森和男理事は、自身が「インテリジェント工作機械」の研究開発に取り組んだ経験から「デジタル技術の導入には、目的に応じた多面的な検討が必要」とアドバイスを贈った。

板金技能フェアに過去最多の応募

アマダスクール(神奈川県伊勢原市、末岡慎弘理事長)は3月12日、「第32回優秀板金製品技能フェア」の優秀作品77点を発表した。「単体品」「組立品」「溶接品」「造形品」「学生作品」の5部門で、応募総数は国内188点、海外108点の計296点を記録。国内外共に過去最多の応募があった。特に優秀な作品には、厚生労働大臣賞や経済産業大臣賞が贈られた。
厚生労働大臣賞は門田鉄工(松山市、門田一郎社長)の「サンプルジャケットタンク」(=写真左)、経済産業大臣賞は小緑製作所(滋賀県日野町、小緑英輝社長)の「センターカバー」(=同右)が受賞した。
今回の主なトピックは、過去最多の応募数を記録したことや、厚生労働大臣賞や経済産業大臣賞を初出品の2社が受賞したことなどだった。後援するアマダは「全体的に複雑な形状や難しい加工への挑戦が目立った」とコメントした。例年3月に表彰式を開催するが、今回は新型コロナウイルスの影響で中止となった。

新型コロナで世界経済に打撃

新型コロナウイルスの感染が世界に広がる中、FA業界では中国をはじめ世界市場への先行きに注目が集まる。米…

先端加工技術講演会、テーマはAIやIoT

先端加工機械技術振興協会(佐藤寿芳理事長)は2月28日、東京都千代田区の霞山会館で、毎年恒例の先端加工…

板金技能フェアに過去最多の応募

アマダスクール(神奈川県伊勢原市、末岡慎弘理事長)は3月12日、「第32回優秀板金製品技能フェア」の優…

pagetop