2021.03vol.692

月刊生産財マーケティング

2021年3月号 発売中!!

雑誌:1,210円(税別)
電子版:850円(税別/1カ月契約)

  • 雑誌の購入
  • 電子版を購入

電子版購入ガイド

電子版 試し読み

電子版サイトへ

生産財マーケティングとは

最新書籍

  • はじめての工作機械 副読本/改訂20版

    初心者でもわかる
    用語集や最新技術AMを初収録!

    発刊日:2018年7月9日好評販売中‼

  • 生産財年鑑2016-2017

    求めるデータがこの1冊に
    グラフで見るFA業界

    発刊日:2016年7月8日好評販売中‼

  • 月刊 生産財マーケティング [別冊]

    第28回日本国際工作機械見本市 ガイドブック

    “あなた”の知りたい情報が
    詰まった頼れるガイドブック!!

    発刊日:2016年11月7日好評販売中‼

  • amazon

CASE(つながる、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)などの新技術やサービスの登場で自動車産業は100年に1度の大変革期を迎えている。その中で各国の排出ガス規制など環境対応もあり、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)などの次世代自動車の普及が加速する。ただし、すぐにガソリン車から次世代自動車へ置き換わるわけではない。国内でも菅義偉首相が2050年までにカーボンニュートラルにすると政策目標を表明するなど、自動車に関わる状況が大きく変わりつつある。ガソリン車と 次世代自動車が入り交じる中、生産設備にはどのようなことが求められるのか。

TOPICS

三菱重工工作機械を買収、日本電産

日本電産は2021年2月5日、三菱重工工作機械(滋賀県栗東市、若林謙一社長)を買収したと発表した。買収…

シチズンが「良き市民」を表彰

シチズン時計は1月28日、「2020年度シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を発表した。新型コロナウイ…

東京ロボティクス、ビジョンセンサーに参入

ベンチャー企業の東京ロボティクス(東京都新宿区、坂本義弘社長)は1月15日、ロボット用ビジョンセンサ…

CONTENTS

2021年3月号

SPECIAL FEATURE

交錯する自動車市場2030年に求められる生産設備

  1. 30年の自動車産業で求められること
  2. 変わりゆく市場と環境
  3. 市場変化に必要な設備
    工作機械/工具/計測
  4. 次世代に挑み始める部品メーカー
  5. 海外自動車メーカーの動向
    【インタビュー】メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長兼CEO
  6. 交錯する自動車の未来
    【インタビュー】ナカニシ自動車産業リサーチ 代表アナリスト 中西孝樹氏

Crossroads

水素と向き合う

エディターノート

既に起きた未来を見て

Cutting Edge

三菱重工工作機械を買収、日本電産

マーケティング

主流はライブと共同提案

FUJI ヒントは実装ロボ事業に

レニショーが工作機械用エンコーダー市場へ

牧野精機が工具研で機上測定

海外

【台湾市場分析】中国の経済動向に左右

連載

紙のロボダイ

【注目製品PickUp! vol.33】重労働の研削作業を遠隔操縦ロボットで【前編】

川崎重工業「Successor-G」

紙のSEISANZAI Japan

2020年の日本の工作機械受注額は前年比26.7%減の9018億円

人に知恵 現場に技(第169回)/日栄

成形で100分の4mmの妙技

今に花咲き実を結ぶ Robotics後編

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部ロボット工学科

教授 野田哲男 氏

 今月の一品 自慢の製品を紹介(第48回)

岩本工業/楽~ラント

随想

高懐~気高い思想(最終回)

スギノマシン 会長 杉野太加良

次の世代に伝えたいこと

インデックス

告知板

Monthly Data Box

新製品プレビュー

統計マンスリー

FA短信

海外短信

NEWS FILE

・東京ロボティクス、ビジョンセンサーに参入

・DMG森、21年12月期の売上高は横ばい予想

・イスカルJがオンラインで新製品発表

・シチズンが「良き市民」を表彰

・NTNが新中計で収益力強化

TOPICS

三菱重工工作機械を買収、日本電産

シンポに組み込み工機事業を柱に

日本電産は2021年2月5日、三菱重工工作機械(滋賀県栗東市、若林謙一社長)を買収したと発表した。買収額は公表せず。三菱重工業グループが保有する株式の全持ち分と、海外子会社9社の工作機械事業の譲渡を受ける。今年5月の買収完了を目指す。
三菱重工工作機械は1936年、広島での旋盤生産から工作機械事業を開始。日本の工作機械の技術革新をリードした。現在は、歯車加工機や大型門形加工機、金属3Dプリンター、精密工具の4事業が柱。歯車加工機は内歯外歯を問わない加工技術が強み。
資本金は30億円で、2020年3月期の売上高は403億円、21年3月期は231億円を見込む。従業員数は昨年4月時点で1400人。
17年にはジェイテクトとの提携協議を開始したものの、翌年打ち切りを発表。ジェイテクト以外の会社との提携も模索した。
日本電産は、傘下の日本電産シンポで減速機やプレス機の製造、販売事業を持つ。三菱重工工作機械を日本電産シンポに組み込み、工作機械事業を第3の柱とする。三菱重工の名前は消える見込み。

シチズンが「良き市民」を表彰

シチズン時計は1月28日、「2020年度シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を発表した。新型コロナウイルス禍の影響で恒例の表彰式を開催できず、特設サイト上で世間に感動を与えた「良き市民」の活動を表彰した(=写真)。
今年度は3組の計6人が受賞した。障害のある学童向けの保育施設を1978年から運営する村岡真治さん、難民支援のためにインターネット上で寄付を募った小学生の鈴木聡真さんら4人、コロナ禍で観光バスを通勤客向けのバスとして使い半年間無料で運行した山本宏昭さんが賞に輝いた。山本さんは「無料バスは地域を支えるために当然のことを実施しただけ。評価されてうれしい」と喜んだ。
シチズン時計の佐藤敏彦社長は「世の中に閉塞感が漂うが、優しさにあふれた活動に感動し、希望を感じた」と受賞者をたたえた。
同賞は、社名に「CITIZEN(市民)」を掲げる同社が90年に創設。昨年の日刊紙の記事から候補21組を選出し、選考委員会(山根基世委員長)が最終決定した。

東京ロボティクス、ビジョンセンサーに参入

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベンチャー企業の東京ロボティクス(東京都新宿区、坂本義弘社長)は1月15日、ロボット用ビジョンセンサー市場への参入を発表した。
第一弾として、3次元(D)カメラ「Torobo Eye(トロボアイ)SL40」を発売する。しま模様など決まったパターンの光を照射し、そのゆがみを検出して物体の形状や奥行きを計測する方式の製品だ。ロボットの手首に取り付け、箱に乱雑に入れた物を取り出すばら積みピッキングや、外観検査などに利用できる。
一般的な高精度3Dカメラは高価だ。非常に安価な製品もあるが性能が低く、現場では使えないことも多い。システムインテグレーター(SIer、エスアイアー)などから「十分な性能があり、そこそこの価格のものがあれば」との声があり、ビジョンセンサー事業に乗り出した。
同社はこれまで研究室向けのロボットアームを開発してきたが、ビジョンセンサーは製造現場にも提案する。「顧客からの要望に応じて、今後他の計測方式や、据え置き型の製品なども検討したい」と坂本社長(=写真)は話す。

三菱重工工作機械を買収、日本電産

日本電産は2021年2月5日、三菱重工工作機械(滋賀県栗東市、若林謙一社長)を買収したと発表した。買収…

シチズンが「良き市民」を表彰

シチズン時計は1月28日、「2020年度シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を発表した。新型コロナウイ…

東京ロボティクス、ビジョンセンサーに参入

ベンチャー企業の東京ロボティクス(東京都新宿区、坂本義弘社長)は1月15日、ロボット用ビジョンセンサ…

pagetop