初心者でも分かる用語集

金属加工の生産現場や工作機械、鍛圧機械業界に関わる用語集です。製品名から加工技術まで、主な用語を分かりやすく紹介しています。

ハイス
ハイスピード鋼。工具材料に多く使われ、金型などにも使われる。
バイス
万力のこと。マシニングセンタなどでワークを固定するために使用する。
バイト
旋削などに使う工具。
ハウジング
機械装置などを保護する覆いの部品。
刃先交換式工具
バイトやフライスカッターなどの工具のうち、刃先(チップ)をねじなどでベース部分に固定して使用するもの。摩耗した刃先は交換できる。
バリ
加工する際に、加工面の縁に材料の一部がはみ出した不要な部分。やすりや専用の工具などで除去する。
パレット
マシニングセンタなどに、ワークを取り付けて供給するための台のこと。自動パレット交換装置(APC)でパレットごと交換できる。
バックラッシ
かみ合った歯車やボールねじの間にあるすき間のこと。方向を変えた際に回転量と動きにズレが生じる原因となる。
汎用機
NC機ではない、手動で操作する機械のこと。また、専用機ではない、汎用性を持った機械を指すこともある。
びびり
工具とワークとの間で継続的に発生する振動。加工面に痕が残り、工具への負担も大きい。
フライス盤
円筒体の外周面や端面などに多数の切れ刃を設けたフライスと呼ばれる工具を用いて、平面や溝などの切削加工を行う工作機械。
ブローチ盤
ブローチという工具を用い、引き抜く動作で工作物の穴内部や表面を削る工作機械の一種。
プロファイル研削盤
投影機のついた研削盤で、求める形状と加工ワークの形状を重ね合わせるように倣い研削できる。
ベアリング
回転する軸を支え受け止める部品。摩擦を軽減するため、接触部分に玉や円筒状の部品を組み込む。軸受け。
放電加工機
電極とワークの間にアーク放電を起こし、その際の溶融で加工する除去加工の一種。ワイヤ電極で糸のこぎりのように加工するワイヤ放電加工機や、電極を任意の形状に加工してその形を転写する形彫り放電加工機などがある。
ベッド
機械本体を構成する主要な部品で、案内面を持つ台のこと。
ホーニング
円筒形のワークの内面に砥石を押し付けて加工する方法。自動車エンジン部品などに用いられる。
ボールエンドミル
先端が半球状に丸まったエンドミル。
ボールねじ
回転運動を直線運動に変換する機械部品。接触部分に鋼球などを組み込むことで、摩擦を軽減する。
ボール盤
穴開け加工を行う工作機械の一種。
ホブ盤
歯車の歯を作るための工作機械の一種。ホブという特殊な刃物を用いる。
  • 月刊生産財マーケティング
  • 最新書籍
  • MECT2019 メカトロテックジャパン
  • 定期購読
  • FA業界新年賀詞交歓会
  • NDマーケティング大賞
  • robot digest
  • NDマーケティング大賞
  • 資料編
pagetop