沿革

1964年 月刊「ニュースダイジェスト」を創刊(サイズB5、48ページ)
1966年 初の書籍「工作機械副読本」(140ページ) を刊行
1968年 「株式会社ニュースダイジェスト社」に改組
1970年 シンポジウム『業界流通機構のあるべき姿を展望する』(東京・帝国ホテル)を開催。後に「日本工作機械販売協会」の設立に発展
1971年 公開討論会『工作機械業界の現状と将来』(ホテル・ナゴヤキャッスル)を主催、後に「FA業界賀詞交歓会」に定着
1972年 初の海外研修ツアーを組織「IMTS(International Manufacturing Too l Show、現 International Manufacturing Technology Show) 」に派遣
1974年 誌名を「月刊生産財マーケティング」に、本のサイズもB5からA4へ変更
1979年 国際部が発足、業界初の英文誌「METALWORKING Engineering& Marketing 」を創刊
1981年 EMO(ハノーバー)に日本の業界専門出版社で初出展
1983年 『FMS展 ’83』を主催、展示会事業を開始
1987年 『メカトロテックジャパン』がスタート。以後隔年開催される
1994年 「WMEM(World Manufacturing Engineering & Market)」の日本総代理店をつとめる
2002年 日本工作機械工業会の50周年記念誌の編纂を受託
2004年 全編中国語表記による別冊、『日本机床工具大全』を発刊
日本精密測定機器工業会の50周年記念誌を編纂を受託
自動車部品加工にスポットを当てた『最新クルマづくりナビゲーションBook』を発刊
2010年 『挑む!航空・宇宙』を刊行
メカトロテックジャパンの組織を改編。主催となる
2011年 メカトロテックジャパンで、日本工作機械工業会が学生向けセミナー「工作機械トップセミナー」を開催
2014年 創業50周年を迎える
  • 月刊生産財マーケティング
  • 最新書籍
  • MECT2017 メカトロテックジャパン
  • 用語集
  • NDマーケティング大賞
  • SEISANZAI JAPAN
pagetop